To Prevent Child Sexual Abuse | Links
BACK
□ リンク削除、コメント変更を希望される方はこちらのメールフォームからご連絡ください。
その際、ごらんになっているウェブサイトの名前を title 欄に入れてください。
タイトルコメント

女性情報ポータル Winet

国立女性教育会館女性教育情報センター(埼玉県)から。「「女性情報ポータル[総合窓口]“Winet” (Women’s information network,ウィネット」女性の現状と課題を伝え、女性の地位向上と男女共同参画社会の形成を目指した情報の総合窓口」「政策担当者、研究者、学習者、団体・グループの方々、メディア関係者等の皆様に役立つ、さまざまなデータベースを提供するとともに、インターネット上の資源へナビゲート」

離婚サバイバーの本(DAPPI)

宮城県仙台発。DAPPI編集『離婚サバイバーの本』の案内ページ。本の目次や注文方法、離婚関連の書籍紹介。

全国性暴力被害者グループ 「野の花」

東京都(事務局)。「「野の花」は性犯罪や性虐待などの性暴力被害にあった女性と子供、または被害者を支えるご家族や配偶者、ご友人の交流と支えあいを目的として設立された当事者によるセルフヘルプの会」規約、参加案内、リンク、活動報告、ボランティア・寄付募集など。

女の知恵の輪

東京都港区(事務局)。「女性たちが直面する困難に立ち向かうために、あるいは人生をより充実させるためには、各自が必要な情報に自由にアクセスできることが重要です。(中略)女性のエンパワーメントをめざして、各種の情報を提供する応援サイト」リンク、イベント案内(情報募集)、インタビュー記事。

エンパワメントかながわ

「全ての子どもとおとなの人権意識を高め、一人ひとりが尊厳をもって生きることのできる社会の形成のため、人権啓発活動を行う特定非営利活動(NPO)法人」「神奈川県を中心に、CAP(子どもへの暴力防止)プログラムの提供を主な活動とし、その他デートDV、セクシュアルハラスメント防止などの様々な人権啓発プログラムを開発、提供しています」情報誌紹介、会員・寄付募集、イベント案内など。

SSA神戸(Survivors of Sexual Assaults KOBE)

兵庫県。「〜性被害を受けた女性の自助グループ(安全な場所での語り合い)〜」「父親、養父(児童養護施設職員など)、夫、恋人、親族、友人、知人、見知らぬ人、同性、などから性暴力、性的虐待を受けた女性で、癒しと回復、居場所づくり、安心して話せる場所を求めるひとのための自助グループ」ミーティング情報、リンク、掲示板。

子ども虐待防止センター・しずおか

静岡県静岡市。「子どもへの虐待(不適切な養育)を防止し/子どもとその家族の福祉の向上に寄与することを/目的としたボランティアグループ」活動内容は、子どもの虐待に関する電話相談、子ども時代に虐待を受けた成人からの電話相談、虐待されている子どもへの支援、自助グループへの支援、シンポジウム等への参加市民講座の開催、ボランティアの育成・研修。

サバイバーアートひろしま

広島県。2005年2月に展覧会。「サバイバーはあらゆるところに存在しているにもかかわらず(略)サバイバーがサバイバーであると名乗り、/思いを表現するのはとても難しい状況にあります。」「サバイバーが匿名のままでも/サバイバーの思いを表現できる/サバイバーアート展」の企画。

こころのサポートセンター・ウィズ

熊本県熊本市。「ワーカーズコレクティブ方式で活動をしている、非営利組織」「女性が自分の中の力に気づき、悩んだり揺れたりしながらも、自分の人生を自分自身で選び取っていけたら…、そして、そのためのサポートを何かできたら…と私たちは考えています」ワークショップ、講師派遣、カウンセリング(要予約・有料)。

First Step(ファースト ステップ)

「身近な人からの暴力(ドメスティック ・バイオレンスや虐待)の被害者と支援者、加害者かもしれない人や周囲の人、行政 などの意識を伝え合うことを目的としたグループ」DVについての情報(書籍・「行政の対応」他)、掲示板。

小児性愛と子供への性暴力について考えるサイト

「このサイトは小児性愛(ロリータ・コンプレックス、ロリコン、ペドフィリア)
についてまじめに考え、様々な立場の人が話し合うことで
・子供を性犯罪、性暴力から守る
・小児性愛とはどういうものか理解する
・自らの小児性愛という性的嗜好に悩む人が、
 社会に適応し、もっと心やすらかに生きていけるように支援する
ために開設されました。」

サポートハウス じょむ

東京都。女性限定の性暴力サバイバーのためのスペース。デイケアやフェミニスト・カウンセリング、講座の案内、寄付・会員募集要項。

日本インターセックス・イニシアティヴ

「不必要かつ本人の同意を得ない性器形成手術を禁止し、子どもの年齢に応じて可能な限り全ての情報を開示することを主張し」インターセックス当事者と親に「カウンセリングや自助グループなど社会的・心理的なサポートを提供するよう要求し」「子どもの身体ではなく社会を変えることで「すべての人が生きやすい世の中」を作るべきであると考え」る。コンテンツはよくある質問と答え、「インターセックス医療と子どもの性的虐待」と題した文章などの資料・文献・リンク、ボランティア募集。

Resilience レジリエンス

東京都。「DV・トラウマを抱えた女性のこころの健康を取り戻し、維持してゆくためのサポート」講座講習(オープン・クローズドとも)、有料カウンセリング(面談・電話とも)、講演活動。サイトに用語集あり。

STOP! 児童養護施設内虐待

首都圏中心の施設内虐待報告他。「施設内虐待を許さない会」は「1.『恩寵園公判』『生長の家・神の国寮公判』そして、今後提訴されるであろう『香取学園・瑞穂寮公判』を含めて、施設内虐待を告発し、それに関わった人達と裁判を含めたあらゆる方法で闘うこと。2. 卒園生等の本は、既に出版されていますが、抄録の紹介などをしていきます。3. 卒園生等、原告を支える活動をします。」(URL変更:2006/05/07)

教職員による児童・生徒に対するセクハラ防止QA集

「教職員による児童・生徒に対するセクシュアル・ハラスメントを防止するために QA集」大阪府教育委員会。
「未然防止とともに、生起した場合の対応をまとめた、マニュアル」(URL変更:2006/05/07)

Femix (フェミックス)

東京都。「月刊誌『くらしと教育をつなぐWe』発行」「出版企画・編集コーディネイト」「カウンセリング・電話相談・各種講座」「社会教育向け女性講座企画・講師派遣」「団体・企業・大学向けセクハラ研修」フェミニストセラピー・心理相談カウンセリングあり(無料・有料×電話・面談・通信講座式)。(URL変更:2006/05/07)

子どもとメディア研究会

福岡市。子ども劇場福岡県センターの呼びかけによって1999年発足、2003年NPO化。「『子どもとメディア』に関する調査研究のプロジェクト」「メンバーは医療・福祉・教育などの専門研究者、幼稚園・保育園・学校など教育現場、地域子ども活動団体、新聞・放送などマスコミ関係者など。」(2008年11月:URL変更)

赤城高原ホスピタル

群馬県勢多郡赤城村。嗜癖とその周辺問題についての用語解説が詳しい。病院そのものについての情報と二本立ての構成。

Checklist for Incest Survivors

Post-incest Syndrome in Women and Men
The Incest Survivors’Aftereffects Checkist (URL updated 18/11/08)

秋田県女性相談所

秋田市手形。配偶者暴力相談支援センター。相談受付と一時保護。無料電話・面談相談窓口の案内。法律相談会の案内(要予約)。(URL updated on 18/11/08)

online magazine Sexual Science

オンラインマガジン「セクシュアル サイエンス」メディカルトリビューン社。印刷雑誌や、バックナンバーから記事の一部が読める。テーマ別総合メニューのカテゴリー<性科学一般、セックスレス、中高年、女性、出産、避妊/中絶、バイアグラ、エイズ/STD、GID(性同一性障害)、同性愛、性教育、DV/性暴力>。学会や研究会の案内、リンク集、掲示板あり。

Befrienders International 日本語

自殺防止ヘルプラインの日本語案内ページ。http://www.suicide-helplines.org/から、各国語ページに飛べます。
電話番号の案内、メールで誰かに話を聞いて欲しいとき、友達を助けたい時、自殺について誤解されていることなど。

Intersex Society of North America

The Intersex Society of North America (ISNA) is devoted to systemic change to end shame, secrecy, and unwanted genital surgeries for people born with an anatomy that someone decided is not standard for male or female. We urge physicians to use a model of care that is patient-centered, rather than concealment-centered...

Global Movement for Children

The Global Movement for Children (GMC) is a force for change, calling for people throughout the world to take action and protect the rights of children.

日本公証人連合会

東京都港区。DV防止法で保護命令の申立てに必要な認証書面(公正証書)を作る際などに必要な公証役場と制度についての説明。

男のあり方を問う会

催し案内。現在まで主に関東地方で学習会など企画されています。トークシェアリングの参加条件は性自認が男性の方、男性としての体験が共有できる方。「99年に発足。男のセクシュアリティ ― 性暴力・買春・ポルノ・DVなど、男のジェンダー─ 仕事スタイル、共感能力、家事/ケアーワークへなどが私たちの男性運動のテーマ。」(リンク切れ:2006/05/07)

生活保護110番

サイトの目的「1.一般の人には分かりにくい生活保護制度の情報提供を行なう」「2.交流の機会を持つことの少ないケースワーカーが気楽に話せる場をつくる」「3.当事者にしかわからない悩みを話せる場をつくる」
制度の説明、掲示板あり。(URL変更:2006/05/07)

PEACE 暴力防止トレーニングセンター

東京都調布市。「PEACEは、Prevention, Education Against Child Exploitationの略」目的は「情報交流や研修と、人と人とのネットワークを築くためのスペースを提供」「子どもと女性のための人権啓発の場として様々な団体やロビー活動を通して、次の世代へ暴力を引き継がないように予防と啓発を発信」P.S.P.性教育プログラム、CAP、子育て自助グループとカウンセリングルーム、研修の説明案内。会員募集。

京都弁護士会

京都府京都市(弁護士会館)。所属する弁護士の検索ができる。得意とする分野や性別の指定も可能。クレジット・サラ金に関する法律問題の解説と相談窓口案内、法律相談の受付場所・費用、訴訟に関するQ&Aなど。弁護士会の活動について。リンク。

インターネットタウンページ

全国のタウンページに掲載されている情報を検索できます。「精神科」「心療内科」「児童精神科」「小児科」「産婦人科」など診療科目をキーワードに、特定の地域にある病院を探すのに便利です。検索したいことが決まっているのなら、Liteバージョンが使いやすい。

IFF 家族機能研究所(斎藤学)の関連会社

東京都港区東麻布、渋谷区原宿。「(株)IFFは、家族機能研究所(精神科医・斎藤学代表)の関連会社として、さまざまな心の問題に関するサービスを提供してい」る。心理相談は2か所の相談室と電話相談(有料)を受け付ける。日本語で学ぶアメリカの臨床心理学大学院、催し、書籍・雑誌案内。

日本ソーシャルマイノリティ協会

東京都渋谷区(本部)、新宿区歌舞伎町(新宿救護センター:駆け込み寺)。特定非営利活動法人。家出人情報センター、捜索。ドメスティック・バイオレンス、虐待、不登校、イジメ、引きこもりといった問題解決方法の立案。女性の自立支援。外国人の就労、福祉、育児援助。雇用促進。介護、福祉面の充実。

全国精神医療労働組合協議会

「全国精労協は1990年の結成以来、精神医療に従事する労働者の、生活と権利を守り、同時に、精神障害者の人権の保護と適正な医療を受ける権利を守る為、活動を続けています。」「精神医療は、現在我が国の医療の中で、最も患者さんの人権保障が立ち遅れている領域です。私達は、特にこの問題を重点に据えて、過去11年、12回に渡る厚生省交渉を重ね、改善のために尽力し続けています。又、この事は、私達精神医療労働者が誇りの持てる医療労働に従事していく事にも通じるものと考えています。」

配偶者からの暴力被害者支援情報

被害者への適切な対応のために。内閣府男女共同参画局。ドメスティック・バイオレンス(DV)の説明、支援施設、相談機関、法令・制度、リンク。都道府県ごとに整理されていて分かりやすい。

FGM廃絶を支援する女たちの会

東京都目黒区。FGM(Female Genital Mutilation)アフリカ、中近東、アジアの一部などで行われてきた女性性器切除。WAAF・Women's Action Against FGM、Japan「映画上映会・ビデオ上映会・セミナー・勉強会・国際シンポジウムの開催、アフリカや人権問題関連の内外のNGOとの情報交換・交流、アフリカ視察旅行などの活動を行い、また年に4回ニュースレターを発行」ミーティング情報、基金説明募集(URL変更:2006/05/07)

シーラの会

福岡県「セルフヘルプ・グループです。児童虐待・性的被害・被害体験及びDV(夫婦間、パートナー間暴力)などによるトラウマのある方を対象としたミーティングを行っています。サヴァイヴァーや援助専門職の方だけでなくこれらの事柄に関心を持って下さるすべての人たちに・・・」

チャイルドライン支援センター

「24時間『子ども電話』の設立、活動の促進」が目的。「子どもの日チャイルドライン,チャイルドライン月間など、…社会的認識を高める」「設立,運営の支援」「人材育成のための研修」「ネットワークづくり」「調査研究および研修プログラムの開発」「受けとめた子どもたちの声を、子どもに関する諸施策に反映されるための政策提言」「社会基盤の開発整備」

滋賀県ドメスティック・バイオレンス相談ホームページ

滋賀県中央子ども家庭相談センター。滋賀県草津市。ドメスティック・バイオレンス(DV)に関する一般的な情報、県内の電話相談窓口紹介、手続きの方法など、サイト上で相談受付あり。

東京犯罪被害者支援センター

東京都。CRIMINAL VICTIM SUPPORT CENTER「犯罪の被害にあわれた方を市民の立場で援助する民間のボランティア団体」「給付金支給法の周知・徹底」、「給付金支給法の手続きの援助」、「被害者への必要な情報の提供」、「被害者に対する電話相談」そのほかの事業活動をしている。電話相談は週二回無料。性被害に遭った場合の裁判手続きについての記述がある。ボランティア募集(2001年秋)。

ちゃいるどネット大阪

大阪府大阪市。大阪保育子育て人権情報研究センター「子どもたちに『人権を大切にする心を育てる保育・教育』の実践と、地域による子育て支援の充実を図るため、大阪府・大阪市・堺市が中心となり」「就学前の子どもの保育や教育に携わる人たちの資質を向上するための研修や、教材などの研究・開発、さらには子育てに関わる情報の収集・発信を目的として、大阪府内全市町村の保育所・幼稚園などの参加のもとに設置」講座案内など。

性教協 Web ”人間と性”教育研究協議会

東京都渋谷区(各地でサークルあり)キーワードは『科学・人権・自立・共生』「子どもの切実な要求にこたえ、正確な情報を伝え、子どもとともに『性』のあり方や生き方を考えて、たくさんの性教育の実践を積み重ねてきたサークル」(1)夏休み・夏期セミナー開催、(2)『理論と実践講座』開催
(3)会報・年10回、(4)出版活動(書籍、あゆみ出版隔月発行性教協編集『性と生の教育』(現在休刊中、年内再刊見込))、(4)毎週水曜日『性』や性教育に関する電話相談受付、(5)海外研修旅行

女性ライフサイクル研究所

FLC。大阪府大阪市「女性ライフサイクル研究所は、1990年、大阪で設立された民間のカウンセリングルームです。主に、女性や子どもの個人カウンセリング、グループワーク等(有料)を行っています。また、心理学や女性学の視点から、子育てや家族の問題、女性の生き方、子どもへの暴力・体罰防止、トラウマを抱えた人たちへの心理的サポートにも取り組んでいます。」掲示板(テーマ別・子ども用・大人用)、活動案内、会員募集

日本DV加害者プログラム協会

JABIP-Japanese Association of Batterers' Intervention Programs 日本DV(ドメスティック・バイオレンス)加害者プログラム協会「JABIPは『暴力のサイクル』を絶つための防止プログラム、BTC-ブレイキング ザ サイクル プログラムを開発」しており、「アメリカのカリフォルニア州で行われている加害者の更正教育プログラムを研究」(Yahoo!Japan)して日本でその内容を紹介している。加害者のための電話・メール相談受付あり。

国際子ども権利センター

JAPAN INTERNATIONAL CENTER FOR THE RIGHTS OF THE CHILD.「地球に生きる子どもたちの権利を実現するために『子どもの権利条約』『子ども協力』『開発教育』の3つの柱を中心に市民参加による国際協力活動を行う NGO」プロジェクト・イベント・勉強会企画開催情報、出版物など販売、ボランティア募集、関連リンクなど。(URL updated on 18/11/08)

ポルノ・買春問題研究会(APP研)

共同代表:角田由紀子弁護士、中里見博福島大学助教授
「現在、“ポルノや売買春は当事者の『合意』のもとに行なわれるのでとくに問題はない”という議論(性的リベラリズム)が大手を振ってまかり通っています。ポルノ・買春問題研究会(APP研)は、こうした議論を批判しつつ、女性の人権・性的自由・性的平等を擁護するフェミニズムの見地から、ポルノ・買春問題をはじめ、セクシュアリティをめぐるさまざまな問題を研究することを目的として、複数の研究者および運動家によって1999年12月に結成されました。」「被害を掘り起こし社会に訴える活動」「被害者支援のためのネットワークづくり」

関東学生情報保障者派遣委員会

大学関係各機関限定「聴覚障害学生およびその受け入れ大学に対して、通訳者の派遣や相談活動を行うことで、聴覚障害学生サポートの確立を全面的にバックアップ」手話通訳者・ノートテイカーの登録・賛助会員募集、大学へのサポート、通訳者の派遣、ネットワーキング、相談活動、通訳者の養成、調査・研究、ニュースレターの発行、フォーラムの協賛

アーニ出版

東京都世田谷区。「アーニ出版は、性教育・エイズ教育・薬物乱用防止教育・健康教育 の教材製作会社」「人権教育をベースに、両性(女性と男性)の平等な社会をめざして教材を制作」出版物案内、アーニホール(性教育について語ったり、研究・見学する場)見学案内(要予約・有料)、性を語る会・カリキュラム研究会の活動について。

CREO大阪

大阪府 大阪市立男女共同参画センター。中央、東西南北合計5施設あり。電話相談は中央のみ、面談相談(要予約)、図書資料検索利用は各施設とも。機関誌発行、イベント・講座・セミナーなどの企画開催、施設利用案内、ジェンダーチェック(クイズ形式)など。

特定非営利法人ヒューマンサービスセンター

東京都港区。「様々な悩みの相談を受けています。来訪者の80%は、20歳代から40歳代の女性ですが、近年では男性の来訪者も増えています。家族間での問題や職場での人間関係の悩みなど、どんなことでもご相談下さい。」一回二時間無料面談相談(要予約)、賛助会員募集、ワークショップ・研修活動(企画・開催)、自主グループサポートなど。(2002年10月:URL変更)

女性の安全と健康のための支援教育センター

東京都文京区(事務局)「女性への性暴力と取り組む支援者のためのNPO」「性暴力を体験した女性たちを今まで支援してきた法律、医療、社会福祉、教育、女性運動などの分野の者が集まり支援に必要な情報・研修の提供と多くの分野にまたがる支援者のネットワークづくりのために」設立。機関誌発行、研修、公開講座の企画・開催。(URL updated on 18/11/08)

女性と子どものエンパワメント関西

兵庫県宝塚市 NPO。ビデオドック(ビデオ制作や図書の翻訳事業)、CAPプロジェクト、「1.女性や子どもへの暴力防止についての啓発・学習会(講演会の企画・運営、CAPプログラムに関する学習会の開催)2.女性や子どもへの暴力防止プログラム提供(CAP子どもワークショップの実施)3.子ども育ちに関わる大人のための啓発・学習会 4.人権問題に関する啓発・学習会 5.性教育に関する啓発・学習会 6.子どもの頃虐待を受けた女性のための癒しワークショップ提供 7.自分の生き方に悩む女性たちの自助活動へのサポート(CRグループワーク)」

CAPセンター・JAPAN

兵庫県西宮市拠点のNPO。「CAPプログラムのすべての権限はN/CAP(New Jersey, USA)が持っています。許可なくして子どもワークショップを模倣・実施することは固く禁じられています。」CAPスペシャリストを養成する講座の開催や、会報誌発行、全国のグループ一覧など。(URL updated on 18/11/08)

全国のCAPグループ一覧

都道府県、市町村名、活動しているグループの名前。問い合わせはCAPセンタージャパンhttp://www.rock.sannet.ne.jp/cap-j/

メンズリブ東京

東京都中心。「男たちの生き難さや男性をめぐる社会状況を問い、現在の男のあり方を考えてみようという人のネットワーク」一般情報収集(「男性の生き方、抱えている問題/状況を考える本」「男性問題をめぐる記事・番組」)、インターネット上の関連・国内男性運動情報収集発信(「…リンク集、セミナー・イベント情報・行動提起・男性相談、WEB FORUM」)、メンズリブ東京の活動について

LD(学習障害)親の会「けやき」

東京都を中心に全国にネットワークを持つ。「LD(学習障害)児・者を子に持つ親で組織している会」「行政への働きかけ、社会への啓発、講演会、機関紙の発行、レクレーションなど」「LD児・者の社会的自立を願って、「子育て」「学校教育」「社会的支援」などについて積極的に取り組んでいる」

アサーティブジャパン

東京都国立市。<アサーティブトレーニング方法、講座案内、参考文献、LINK、Q&A、メンバー登録、BBS>「1970年代のアメリカの女性解放運動に始まり」「…自分を誰かの次においてきた女性たちが、自分のことは自分で決める、誰かのために生きるのではなく自分自身のために生きるということを、意識的に選択し始めたことが始まり…私が私らしく生きることは基本的人権であるという思想」がアサーティブトレーニングを支えている。

ウィルあいち 愛知県女性総合センター

愛知県名古屋市。施設・利用案内、予約状況、ニュース、イベント情報。電話相談受付、面接相談・専門(医療・法律)相談案内(要予約)。施設内に託児室、情報ライブラリー、フィットネスルーム、創作・料理・音楽スタジオ、貸室、ホール、宿泊室あり。

エキスパートに聞く!(womenjapan.comから)

「このコーナーでは、さまざまな分野で活躍する専門家に、あなたの「悩み」や「知りたいこと」を質問することができます。 仕事のこと、家庭のこと、心やからだに関する不安など、どんな悩みにも、経験豊富な専門家たちが適切なアドバイスを! 」新しく質問するにはメンバー登録が必要。医療、雇用、法律、心理カウンセリング他。

GAL〜gender and law〜

「弁護士・編集者・新聞記者・大学院生などが協力して、法律や判例をジェンダーの視点でとらえて、情報を提供しています。本や映画も、ジェンダーセンシティブにみると、一般の評価とは違って見えることがあります。」判例集(含児童虐待関連)、エッセイ、映画評、読書案内、ニュース、リンク(URL変更:2006/05/07)

全国病弱教育研究会

TANYANのホームページ一コンテンツ[http://homepage1.nifty.com/k_tanigawa/NOTICE.html]。「病気の子どもの幸せを願う、医療関係者・教師・保育士・保護者の交流の場」■病気の子どもと家族の福祉の向上:研究と運動のネットワーク化、相談活動■会員の交流と研修の支援:情報提供と研修会補助■学習交流会・総会■全国病弱教育研究集会■研究交流誌発行■調査研究、実践報告、教材・教具集等を掲載■病気の子どものための教育相談活動(保育や教育に関する相談に応じている)

財団法人 新潟県女性財団

新潟県新潟市。「広く県民各層の参加と協力を得て、男女共同参画社会をめざすことを目的に設立され、「新潟県女性センター」を拠点として、女性の自立と社会参加を促進する様々な啓発活動や女性の活動支援事業を総合的に展開」賛助会員募集。相談窓口案内。新潟県女性センター情報 (セミナーなどの案内)http://www3.ocn.ne.jp/~balansu/jouhou.html

社団法人 日本小児保健協会ホームページ

東京都新宿区(事務局)。学会・セミナー情報など充実。
[お知らせ] [入会方法] [組織] [地区団体] [委員会][学会・セミナー] [学会誌・関連書籍]

名古屋YWCA

愛知県名古屋市。女性による、女性のための非営利団体(NGO)。1933年に創立。「国際交流活動・青少年活動・福祉ボランティア活動・女性問題・語学教育など、幅広い社会教育活動を進めています。また、講座・講演会などを行って、平和を作り出すために努力しています」講演会、ワークショップ、カウンセリング(要予約・有料)(URL updated on 18/11/08)

立教大学社会福祉研究所

東京都。「1967年に設立」「広く総合的な視点にたって「人間福祉」−ひとりひとりの幸福−の実現に寄与するための活動を続けてきました。特に、自由で活力のある個人のあり方を可能にする対人関係、家族の問題に焦点をあて、社会学、心理学、社会福祉学はもとより、法学、経済学、そして、哲学、精神医学など多角的な観点から理論的実証的研究と実践活動を行っている」お知らせ、活動内容、掲示板、スタッフ一覧。セミナー・講演などにも意欲的。

岐阜県立岐阜病院

岐阜県岐阜市。児童虐待予防連絡委員会がある。http://www.pref.gifu.jp/gifu_hospital/Sinryoka/08pShoni/ABUSE/abusefront.html
更新はほとんどされていない。

福島虐待問題研究会

福島県。「福島県を中心に虐待問題に関する広報、研究活動している市民団体」「福島虐待問題研究会は、虐待を受けている人々の生命・人権・福祉を守ることを目的に、1997年11月15日に東北地方で初めて会員組織による市民(民間)団体として、発足」講演会の開催など。「福島県被害者等支援連絡協議会」相談窓口案内http://www.police.pref.fukushima.jp/soudan/s_2.html

子どもの人権を守る市民の会

京都府京都市(事務所)。以下活動紹介から抜粋。1.海外における児童労働・売春に関する諸問題を解決する 2.国内における虐待・人権侵害に関する諸問題を解決する 3.子どもの社会的締め出し・孤立に関する諸問題を解決する 4.子どもに関するコミュニティレベルでの諸問題を解決する(URL変更:2006/05/07)

財団法人 横浜市女性協会

神奈川県横浜市。「女性と男性がともに性別にとらわれずに生きる権利を尊重し、あらゆる分野に共同参画する、豊かで活力ある市民社会の活動と交流の拠点」を目指す。情報交流、総合相談(面接・電話、総合・専門相談共あり。相談者が関係機関、制度等を活用し、主体的に問題解決できるよう支援。自助グループ活動支援・関連セミナー開催)、共同参画社会形成・推進(しごと・からだ・くらし・なかま・子育て)、国際協力・交流、総合調査研究、一時保育、広報。■横浜女性フォーラム

県立かながわ女性センター

神奈川県藤沢市。「女性のエンパワーメントと男女のあらゆる分野への参画を進め、男女がともに個性を発揮しながら自己決定できる「男女共同参画社会」をめざして、事業を展開」「また、女性への暴力やセクシュアル・ハラスメントなど、女性の人権問題に積極的に取り組み、女性の自立を支援」電話、面談(こちらは要予約)相談受付窓口あり。(URL updated on 18/11/08)

パルティ とちぎ女性センター

栃木県宇都宮市。「男女共同参画社会の実現を目指した…施設」男女共同参画セミナーや、「幅広い層の県民の皆さんに女性問題についての理解と関心を深めていただくため、映画会やシンポジウムを開催」「情報提供事業、総合相談事業を充実させるための特別講座も実施」情報ライブラリー、パルティ相談室(電話・面談)[http://www.pto.co.jp/parti/soudan/consul.html]

福島県男女共生センター(女と男の未来館)

福島県二本松市。「性別の違いにより行動や生き方を狭められたり、特定の仕事や役割がどちらか一方の性に偏ったりすることなく、女性も男性も個人として尊重され、互いに支え合い、共に責任を担う社会「男女共同参画社会」の実現を目指して設立」情報・自立促進・交流の三つの機能を備える。相談窓口・関係機関情報検索ができる(福島県内)。また同施設の相談窓口案内(無料電話相談など・専門相談は要予約)あり。

京都弁護士会

京都府京都市。「各種相談、当番弁護、費用など」説明、京都の弁護士マップ、行事予定案内、その他リンク・意見表明など。

JUST 日本トラウマ・サバイバーズ・ユニオン

東京都港区。「いじめや児童虐待、言葉による暴力、家族関係、人間関係などのさまざまな要因から、トラウマ(心的外傷)を受け、現在生きづらさを感じ、苦しんでいる人たち(サバイバー)のために、精神科医斎藤学の呼びかけにより1997年に設立」「JUSTは、問題の当事者たちが運営するNPO法人です。電話相談、ワークショップ、ミーティング、その他イベントなどの活動を通じて、仲間と出会い、問題解決・成長をめざ」す。電話相談は有料無料共有。

女性ネット Saya-Saya

東京都。「インドネシア語でSayaは『私』です。柔軟な生き方をしながら自分を生きる。/そんな『私』と『私』が、ーつながりーをもてたら孤立しないでサポートシステムを作ることが出来ます。地域の女性たちと女性の生き方を考える。そんなグループ」「女性であれば、どなたでもメンバーになれます」電話相談、自助グループ紹介、相談室(有料・要予約)、講座案内、女性のための就労支援事業「喫茶・レストランSaya-Saya」について。(URL変更:2006/05/07)

山形市女性センター ファーラ

山形県山形市。「霞城公民館北隣の山形市総合福祉センターの4階・5階」「女性センター‘ファーラ’は,『男女共同参画社会』の実現を目指して,女性問題を解決するための学習や活動を推進し,相談,交流をする施設として平成8年2月にオープンしました」「女性センター‘ファーラ’には,四つの機能があります」「1.学習,2.相談,3.情報,4.交流」面談相談受付(要電話予約)あり。

内閣府男女共同参画局

基本法 基本計画 推進体制 白書・広報 国際 女性に対する暴力 調査・統計 関連情報

山形男女共同参画センター チェリア

山形県山形市。講座・イベント企画開催案内、相談案内[http://www.yamagata-cheria.org/soudan/so_top.html]、図書資料ウェブ上で検索可。

石川県女性センター

石川県金沢市。県の女性政策に伴う、女性問題啓発・講座イベント企画開催・講師派遣・相談受付・団体活動支援・図書室。
相談受付案内[http://www.pref.ishikawa.jp/josei/joseicenter/13.html]

富山県民共生センター「サンフォルテ」

富山県富山市。「企画調整、調査研究、啓発、人材育成」、情報収集発信、「相談・カウンセリング」、「生活創造支援」(消費生活センター)ネットワーク作り支援(活動の場・機会・情報の提供、企画・相談受付)、就業支援(女性職業サービスセンター)

秋田県男女共同参画センター

秋田県秋田市。情報の収集・提供機能(男女共同参画に関する情報の提供や図書、ビデオの貸出)、学習・研修機能(講座等を開催。県北、県南地区移動講座開催)、調査・研究機能(女性問題調査研究、問題解決プログラム提供)、相談機能(生きがいや人間関係、健康、DV等様々な悩みについて相談受付)、活動支援・交流機能(交流サロン、団体・グループ活動室を設置、個人、団体等の活動支援)
相談事業のページ(フェミニストカウンセリング云々あり)[http://www3.ocn.ne.jp/~akitawmc/sub0402.htm]

メンズセンター <Men's Center Japan>

大阪府大阪市「1991年4月に、メンズリブ研究会をたちあげ、従来の「男らしさ」を批判的に検討し、「自分らしく」生きることを目的とする、日本ではじめての男性解放運動を続けてきました。その活動のなお一層の広がりを求めてメンズセンターを開設しました。」(URL変更:2006/05/07)
[http://homepage2.nifty.com/akira-na/index.htm]

島根県立女性総合センター あすてらす

島根県大田市「施設案内・刊行物案内・情報資料・情報ライブラリー・リンク・事業案内」以前の事業内容リストには、グループ相談、セミナー開催、独自刊行物発行あり。

岡山県男女共同参画推進センター ウィズセンター

女性問題や男女共同参画に関する資料の閲覧・図書やビデオの貸出・人材情報や各種団体活動情報提供、「女性問題や男女共同参画に関する各種講座を開催」、相談窓口(電話、面接相談は要予約)、就業情報提供や再就職希望女性技術講習会の実施、各種団体に活動の場を提供する施設(交流サロン・情報コーナー・相談コーナー・会議室・作業室・保育室)「作業室は、印刷や編冊などの小さな冊子の作成ができるようにワープロや印刷機などを備え、グループの機関誌作成などに無料で」利用可。

広島県女性総合センター エソール広島

広島市中区「事業内容…■情報■研修■相談■交流■21世紀基金■就業援助センター」相談受付案内あり。内容別に曜日・時間・電話または面接相談。

こうち女性総合センター「ソーレ」

高知県高知市旭町「女性問題解決のための拠点施設として、多くの皆様の学習の場・交流の場としてご利用いただきたい」(相談室・電話相談案内 http://www.sole-kochi.or.jp/files/s142/Room101.htm)

福岡県女性総合センター あすばる

福岡県春日市「情報発信・研修養成・調査研究・参加交流・相談支援」(電話相談受付・面談相談も可能)機能を備える。

佐賀県立女性センター・佐賀県立生涯学習センター

アバンセ(佐賀県立女性センター・佐賀県立生涯学習センター)佐賀県佐賀市「【啓発機能】リーダーの養成、男女共同参画意識啓発の研修、自立支援の研修-【調査研究開発機能】女性問題に関する調査研究-【相談機能】女性問題に関する総合的相談(電話・面接・手紙・FAXなどで相談受付。相談内容により方法異なる)-【交流促進機能】個人やグループの自由な交流の促進-【情報提供機能】女性問題に関する情報の収集・提供、女性問題に関する広報・啓発」

沖縄県女性総合センター てぃるる

沖縄県那覇市「男女共同参画社会の実現に向けた意識啓発、女性に関する諸問題の調査研究、女性の社会活動に対する支援等を行うことにより、女性の地位向上及び社会参画の促進を図」る。「啓発・学習、相談、情報提供、創造・発表、交流、自立促進等の諸活動の拠点として、施設を提供し、各種事業を推進する事により、女性問題の解決を図るとともに、男女がその個性と能力を十分に発揮し、平和で豊かな社会を共につくる男女共同参画社会の実現をめざ」す。電話相談案内、面接相談(要予約)案内あり。

被害者のこころ JVAR

被害者の心の傷を理解するために-「Japan Victim Assistance Ringの頭文字…愛称はじゃば〜る」「インターネット上のNPO(非営利組織)」<活動内容「情報の収集と提供」[被害者支援諸団体との連携・病院、警察等との連携・各種自助グループとの交流・被害者同士の自助の場の提供」一般公開情報・(会員)限定公開情報]「被害者のための癒しの場の提供」(メール問い合わせ可)「被害者支援のための寄付金収集」>

アジア女性センター

福岡県福岡市。1997年7月設立「駆け込みシェルターをもつ民間の非営利団体(NPO)…(現在、福岡県にNPO登録申請中)」「女性のための相談・サポート・シェルター事業…無料相談(電話や面接によって相談を受けています)…シェルターの提供、情報提供、行政機関等への同行など、女性・子どもへの支援活動」「外国人女性のための日本人クラス事業/託児付」「海外支援交流事業」「提言・ネットワーク事業」

愛知県弁護士会

愛知県名古屋市。
相談したいとき(費用、参考事例、相談窓口案内、その他の制度)。愛知県内の弁護士紹介検索プロフィール。行事案内や社会問題に対する意見表明等。(Name & URL updated on 18/11/08)

AKK アディクション問題を考える市民の会

「対象 アディクション問題に関心を持つ市民。
概要 AKKは1986年2月に設立」(当初「アルコール問題を考える会」として発足)「アルコール、薬物、ギャンブル依存症、摂食障害、AC、家族内暴力、買い物依存症など、本人や回復者家族、医療福祉関係者など、この問題に関心のある人たちで、本人のみならず、家族の生活や人間関係まで破壊してしまうような嗜癖(アディクション)問題の社会に向かっての啓発や、回復援助などの活動を行っている」相談例会、アディクション・女性に対する暴力電話相談受付、書籍販売、セミナー、入会案内。

特定非営利活動法人ASK

東京都。ASK=アルコール薬物問題全国市民協会。「アルコール関連問題等の予防をめざして、1983年に設立され、2000年に」NPOになりました。
「出版・研修の事業部門は株式会社アスク・ヒューマン・ケアが受け持っています。」
アルコール依存症、薬物乱用、イッキ・アルハラ、飲酒運転、ACについてのコンテンツ。季刊誌・書籍発行。学習会案内などもあり。

Women21から「お得な情報」(相談窓口紹介など)

女性支援会館&スペース、弁護士税理士ガイド、各種サービス情報(起業に関して)、病院&治療院ガイド、カウンセリング。東京・首都圏の情報が充実。

Women21 21世紀女性企業家情報支援サイト&コミュニティーサイト[http://www.sin-web.com/women21/]から

女のスペース・おん

北海道。「『女のスペース・おん』は1993年春、女性のためのネットワーク事務所として札幌に開設されたNGO」
すべての女性のエンパワーメントのために…女性の抱えるあらゆる問題についての相談業務、さまざまなプロジェクト、調査研究活動や行政交渉、事業企画などにとりくんでいます。
電話で相談案内予約可能、シェルター。(URL変更:2006/05/07)

境界例と自己愛の障害からの回復

「■境界例が書いた境界例のためのページ■ 境界例(境界性人格障害)とは、神経症と精神病(うつ病、分裂病)の境界領域の症状を指しています。私は専門家ではありませんが、自分の体験などをもとにして自己分析による境界例からの回復を目指したページを作りました。」(URL変更:2006/05/07)

京都市女性総合センター ウィングス京都

「ウィングス京都は1994年に「女性の自立と社会参加を支援する」ことを目的に京都市が開設いたしました。鳥が左右の翼を広げて飛び立つように、女性と男性が協力しあって住みよい平等な社会の建設を目指そうと、「ウィングス(翼)京都」と名付けられました。交通 至便で、銀行・証券会社や、商社などのオフィスが立ち並ぶ京都の中心街に立地し、広く市民に利用され、親しまれています。」ジェンダーフリーの社会を目指す女性大学、イベント・講座情報。電話面談相談窓口案内、リンク。

エンパワメント・センター(森田ゆり)

兵庫県。住所・電話FAX番号あり。
「エンパワメントの視点を人々の日々の実践の中で生かしていくための研修、ワークショップ、イベント、立法アドボカシー活動などを提供する」「子どもの虐待、女性への暴力、セクシュアル・ハラスメント、その他の人権問題に関る専門職への研修セミナー開催 /『…〜森田ゆり個人通信〜』の発行/子どもの虐待、女性への暴力に関する立法アドボカシー活動/エンパワメントの実践のためのイベント『ピースwithアクション〜非暴力と音楽の集い』を毎年開催/女性のエンパワメントプロジェクト背高女の実践」

児童養護の現場から

児童養護施設について、児童虐待についての説明、発見・対処の仕方。参考文献の紹介、絵本の紹介。カテゴリー別のリンクが使いやすい。

KTV [関西テレビ]のDV特集ページ

ドメスティックバイオレンスDVについての説明、電話相談窓口一覧、書籍文献紹介、アンケート。

北海道子どもの虐待防止協会

「子どもの虐待の防止と子どもと家族への援助、関連諸機関・専門家のネットワークの形成を目的として、子どもの虐待に関する電話相談、教育・啓蒙活動、研究活動などの事業を展開することを活動の主旨として、1996年7月に結成されました。」「子どもの保護にかかわる医療関係者や弁護士、ソーシャルワーカー、保健婦、臨床心理士、養護教諭、教師、牧師、大学研究者など、多伎に渡る分野の人々で構成されています。」電話相談週一あり。(URL updated on 18/11/08)

子ども問題NOW! ニュースレター

DCIのサイト [http://www.yomogi.sakura.ne.jp/~dci-jp/] から。
「DCI日本支部とは 国連との太いパイプをもちながら『子どもの権利条約』を 日常生活の中で生かすために 活動している市民団体です」
ニュースレターの抜粋があります。

子どもの人権問題に関する相談先電話番号一覧

法務省[http://www.moj.go.jp/]の提供する相談窓口。
他に「女性の人権ホットライン」[http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken66.html]、外国人のための人権相談所[http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken21.html]、常設の相談窓口。
法務省サイト内には裁判についての説明などもあります。

財団法人 日本ユニセフ協会

「ユニセフ(国連児童基金)は子どもの生存、発達、保護、参加を基本的な権利と考え、世界161の国や地域で子どもの心身の健やかな成長を守るため活動しています。」
日本ユニセフ協会は、日本における民間協力の窓口として機能。
子どもの権利条約全文の政府訳と、解説ページ(日本ユニセフ協会抄訳)がある。

エクパット/ストップ子ども買春の会

「国際社会は、あなたの買春と子どもポルノを許さない!」
「国際ECPAT本部事務局(タイ・バンコク)との連携をとりながら、日本国内外の子ども買春・ポルノの問題解決のため、(1)関係省庁への要請行動、(2)関係資料の翻訳、(3)シンポジウム開催、(4)高校生・大学生参加によるユースフォーラム(5)ニュースレター発行などを行」う。「1992年に発足し、現在国際ECPATの公式関連団体として活動」
児童買春問題に関するQ&Aが分かりやすい。活動報告、刊行物案内。(URL変更:2006/05/07)

If He Is Raped

「男性サバイバー(男性の性被害者)とその家族・パートナー・友人の支援」を目的としたサイト。
ミニコミ発行、男性の性被害についての正確な情報提供、「男子や男性にたいする性被害について社会の理解を広める」ための個人基金について、掲示板、リンク

ウィメンズカウンセリング京都

京都府京都市上京区。「1995年9月に開設した女性による女性のためのカウンセリングルーム」
公開講座、連続講座、サポートグループ、個人カウンセリングの案内。フェミニストカウンセリング。

SECOM生活情報/ヘルプデスク/子供

相談窓口の電話番号など一覧。カテゴリーは、いじめ・育児・虐待・教育・障害児・人権・精神・悩み・登校拒否・全般。
SECOMのウェブサイト[http://www.secom.co.jp/]中、生活情報のコーナーより。

旭川医科大学性暴力事件のページ

1999年4月に起きた事件の概要と考察、資料集、リンク。

東京いのちの電話

「困難や危機にあって、誰ひとり相談できる人もなく、自殺などのさまざまな精神的危機に追い込まれる人たちが、再び生きる喜びを見出されることを願いつつ、よき隣人として活動」
活動内容。電話相談:年中無休24時間態勢。匿名でよい。秘密は守られる。信仰思想尊重。相談員は研修修了した認定者。他に土曜医療相談。精神科・心理面接(要予約)。ファクシミリ相談(聴覚・言語障害者専用)。
全国相談受付電話番号の一覧あり。

財団法人 日本性教育協会

「略称はJASE(The Japanese Association for Sex Education)」
「1972年に文部大臣の認可を得て公益法人として設立され」「家庭と学校と社会を結び、性教育の理想実現のために、セクソロジー(性科学)、人間の性(ヒューマンセクシュアリティ)にかかわるさまざまな事業を行っています」
性に関する書籍資料が集められており、検索が出来る。

東京・強姦救援センター

Tokyo Rape Crisis Center「1983年9月に女性たちによって設立された日本で初めての強姦救援センターであり、民間のボランティア団体」
「強姦や性暴力の被害にあった女性のための電話相談と、併せて強姦を容認し、助長するものへの告発活動、並びに強姦の問題を正しく理解するための社会啓発を行っています。」電話相談窓口案内。センター発行の本紹介、 被害者へと被害者の身近な人へそれぞれへのメッセージなど。

東京ウィメンズプラザ

「財団法人東京女性財団は、広く都民及び民間団体と行政が連携し、創意ある多様な活動を効果的に展開する中心的な役割を果たすものとして設立」されたが、2001年3月末で廃止予定(東京都の直運営になるらしい。反対運動は実らなかった模様)
施設案内、関連機関へのリンク〔全国の女性センター、東京都・国・国際機関、情報・検索のために(大学・研究機関)〕など。

(女性対象暴力・性被害関連公共機関相談窓口)

(元従軍慰安婦に対する補償目的で設立されている・但し反対も多かった)女性のためのアジア平和国民基金のサイト[http://www.awf.or.jp/index.html]より。「暴力や性被害に悩む女性のための公共機関相談窓口ガイド」女性センター/婦人会館、婦人相談所、警察、警察のホームページ、犯罪被害者相談室、いのちの電話、精神保健福祉センター、法律扶助協会の各一覧。援助者や被害者のためのパンフ(PDF)あり。
古いが心強い記事「暴力や性的虐待は被害者個人の問題ではない」[http://www.awf.or.jp/news_11/a_03.html]

ハートフルワンダーランド

「こころと体の癒し系総合サイト」
公的+民間心理相談窓口データベース(検索可)、カウンセリング情報、各種療法について、コミュニティースペースあり。

mytown asahi.com

都道府県別の地域情報。単発の電話相談やセミナーなどについて案内が載ることがある。

ウィメンズネット・こうべ

兵庫県神戸市。ドメスティックバイオレンス被害者支援など。現在の活動内容より(要約引用)。ウイメンズ・カフェ、CR(英語でコンシャスネス・レイジング(意識覚醒)のこと。「家族」「夫婦」「母親」などさまざまなテーマで自由に語り合う。そのときの自分の体験や感情について話し、批判や助言をせず、お互いに聞きあう中で本当の自分に気づく)、ビデオ上映会、女性のための電話相談 毎週金曜日、「夫・恋人からの暴力」学習会、「女性に対する暴力」の被害者のための自助グループ。電話相談窓口、自助グループ案内あり。

カウンセリング理論

「鬱などの症状に対する治療のアプローチを示したものです。」
「専門のカウンセリングをどうしても受けることができない方は、このページを参考にすることで快復できるかもしれません。」
細かな段階や状況に分けて、項目立てて書かれている。分かりやすい。全文ダウンロード可。

長野県精神保健福祉センター

「心の健康に関する各種の相談と、心の健康づくりのためにさまざまな業務を行っています」全国精神保健福祉センター一覧。
相談窓口案内、自助グループ。精神障害者の社会復帰、アルコール依存症、薬物依存・薬物乱用、思春期精神保健福祉対策、自閉症などの療育。(URL変更:2009/03/17)

子ども虐待(医師の立場から)

沖縄県立那覇病院のサイトから [http://w1.nirai.ne.jp/nhikyoku/index1.htm](このページの更新日は2001年1月14日らしい)
小児科 宮城雅也さんによる文章。「1. はじめに 2. 子ども虐待とは 3. 子ども虐待の歴史 4. なぜ今こども虐待なのか 5. 子ども虐待の種類 6. 診察時の注意 7. 早期判断のために 8. 診断後の対応 9. 子ども虐待に関する法的救済制度 10. 虐待致死例から学ぶ反省事項 11. おわりに」

被害者支援ネットワーク佐賀(VOISS)

VOISS = Voice of Isolated Survivor, Support
「児童虐待//夫やパートナーからの暴力(ドメスティックバイオレンス)//犯罪被害」被害者支援。2000年4月19日設立。「教師、養護教諭、社会福祉士、保育士、臨床心理士、医師、弁護士、看護婦、保健婦等」参加。
相談・支援活動(具体的な支援のネットワークを紹介)。一般市民向け会報ニュースレターの発行、セミナー公開講座。マスコミへ広報。被害者自助グループ支援。調査・研究活動。相談機関窓口紹介あり。

教育家庭新聞

保守的な視点からの教育に関する情報。全文検索可能。

北海道子どもの虐待防止協会

「子どもの虐待の防止と子どもと家族への援助、関連諸機関・専門家のネットワークの形成を目的として、子どもの虐待に関する電話相談、教育・啓蒙活動、研究活動などの事業を展開することを活動の主旨として、1996年7月に結成」
電話相談窓口案内あり。

児童福祉スクエアー

「児童福祉・児童相談所・心理臨床」に関する情報の収集、提供。児童相談所についての情報。全国児童相談所一覧。家族療法、子どもの発達と障害、いじめ、児童虐待、子どもの権利条約、プライバシーと情報公開、児童福祉制度の今後、など。(URL変更:2006/05/07)

易しいセクハラ解説書「お猿の広場」

「このセクハラのホームページは、中高生・高専生の年代を意識しながら、なるべく多くの人達に見てもらい、セクハラへの理解を深めてもらうことを目的としています。」
(実際には、大学、職場でのセクハラ(女性が被害者)を想定した内容)

児童虐待防止(i-子育てネット)

児童虐待についての政府機関が発信する情報へのリンクなど。
i-子育てネットは、「厚生労働省の補助により財団法人こども未来財団が運営」「全国にある約22,000の認可保育所をデータベース化し、自宅や勤め先の最寄りの保育所を簡単に検索し、その保育の内容を知ることができる」「保育料や待機児童数等の市町村、都道府県の情報も検索」可。「子育てに関する基礎知識や各種子育て支援制度、その他幅広い子育て関連情報」(updated on 2009/03/17)

警察による犯罪被害者支援ホームページ

警察庁のホームページ [http://www.npa.go.jp/]より。
「犯罪の被害に遭ったときの相談窓口や届出を受けてからの警察の活動などを紹介」「被害者の方が抱える問題や被害者支援への取り組みなど」各都道県警察の被害相談窓口、刑事手続きの流れと被害者の方へのお願い、警察による被害者支援の具体的取組み、被害者の実態、警察による被害者支援の経緯、関係機関・団体等との連携

警察庁「性犯罪相談電話設置一覧」[http://www.npa.go.jp/sousa1/index.htm]

京都こどもの虐待防止研究会

「平成8年7月の京都府小児保健研究会シンポジウム「子どもの虐待の発見と対応 〜保健・医療・福祉の現場から〜」を契機に、子どもに関係する各職種が互いに知識・技術の向上を図り、子どもの健やかな成長と親への適切な支援を行うネットワークづくりをめざして結成」
虐待防止啓発リーフレット、関係者のための虐待防止小冊子、活動報告、全国の児童相談所一覧。(URL変更:2009/03/17)

子供の虐待防止ネットワーク・あいち

「キャプナは愛知県の名古屋市を起点に、子どもの虐待防止に取り組む市民団体」電話相談、自助グループ情報あり。

ながの子どもを虐待から守る会

「子どもに対する身体的暴力、情緒的・心理的虐待、放置・無視、性的虐待などの虐待防止を目的として」「関係職種間のコミュニケーションの促進」「子どもの虐待とその対応に関する情報の蓄積と提供」「被虐待児とその家族等への援助」「一般への啓発活動」「子どもの虐待に関する調査研究」などをする団体。電話相談情報あり。

女たちの情報誌「ふぇみん」

「婦人民主クラブは、1946年3月に創立され、8月に婦人民主新聞が創刊されました(1991年ふぇみんに改名)。」「女性が生き生きと暮らせる、性差別・性暴力のない社会をつくるために手をつなぎ、武力によらない平和な世界を目指しています。」
ジェンダー、フェミニズムに関する情報、リンク、相談窓口の紹介など。

(性暴力に関する情報)

「『性暴力』の目次」新井晋司さんの同志社女子大学自然科学史の受講生のためのページや性暴力に関する情報を提供しているサイトから。
目次より抜粋。 性暴力の被害にあったら・性暴力の被害者と支援者へ・男性への性暴力について・加害者援助情報。文献(性暴力・性的虐待、ドメステック・バイオレンス、売買春、キャンパス・セクシャル・ハラスメント、絵本(子どもを性被害・暴力・誘拐から守る、人権・性・ジェンダーフリー)、ストーカー、私見・授業などで性暴力について話すときの注意点、リンク(2007年8月5日:URL更新)

ティーンズポスト

「ティーンズポストのポストには「郵便」「支え」「居場所」の三つの意味がある。」
「東京都地域福祉財団他の支援を受け、年令性別をこえた、新しい時代の「こころの健康」とコミュニケーションを共につくり出す民間非営利事業です。」レターカウンセリング(通信講座もあり)、セルフヘルプ・自助ミーティング、アサーティブネス講座、家族講座、その他単発のプログラムもあり。(URL変更:2006/05/07)

性暴力情報センター

性暴力や性的虐待に関して、正しい理解を広めるため活動するヴァーチャル団体。(移転)
レイプとは何か、レイプにまつわる「迷信」、性暴力のトラウマに対する反応、デートレイプについて、性暴力に関連した書籍、婦人相談所・警察 被害相談電話一覧(全都道府県の公的機関の一覧)国内で活動している民間団体、間接的被害のチェックリスト、「ラカス・自覚安全術」へのリンク(個々の女性が主体の新しい護身術)

パーシーの花園

管理人さんの目の行き届いた性虐待サバイバー(Survivors of Sexual Abuse)専用BBS。会員制、オープン共あり。 以下コンテンツ一部「実父による女性SSA本人のクローズドBBS(会員制)・家族・親族による女性SSA本人のクローズドBBS(会員制)・同性による女性SSA本人のクローズドBBS(会員制)・SSAのパートナーのクローズドBBS(会員制)・みんなのオープンBBS・花園リンク集・花園おたく語辞典 」

21世紀家族機能研究所

「あなたにとって本当の安心して過ごせる『家族』を見つけるために」「もしあなたが現在『アルコール依存症』『タバコ依存症』『摂食障害』『薬物依存』『アダルト・チルドレン』『児童虐待』『いじめ』など様々な問題を抱えて苦しんでいるとしたら、このページはまさにあなたのためにあります。」(URL updated on 18/11/08)

子どもの虐待ホットライン

「『子どもの虐待ホットライン』の活動は
子どもたちの健全な発達と家庭の幸せを願い、電話相談者に適切な援助をし、児童虐待の予防と早期発見に貢献しています。
また、児童虐待についての認識が高まるよう、社会に働きかけています。
その内容は心理的な助言・具体的な助言・専門機関への紹介・継続相談(電話カウンセリング)・児童虐待に関する情報の提供 」

エクパット・ジャパン・関西

「エクパットは子ども買春・子どもポルノ・性目的の子どもの人身売買を根絶するために行動する組織と個人の世界的なネットワーク」
「エクパット・ジャパン・関西は」「1992年6月に結成され」「アジア観光における子ども買春に限らず、日本国内の問題や子どもポルノなど、子どもの商業的性的搾取全般をテーマとして活動」「子ども買春や子どもポルノは、子どもの性的虐待の一形態と位置づけ、性的虐待の問題にも取り組」んでいる。(updated on 2009/03/17)

子どもの虐待防止センター

「一般向け『子どもの虐待防止』に関する情報の発信と専門家による各種情報の交換、関連ページへのリンク、『社会福祉法人子どもの虐待防止センター』の活動状況をお知らせすることを目的としています」

不安定な心と子ども時代のトラウマ

〜私の心的外傷論〜目次より「傷つけあう人間関係〜太宰治の夢をヒントに〜」「とても心の不安定な在り方〜境界パーソナリティ障害〜」「突如襲われる心とその傷つき〜心的外傷後ストレス障害〜」「『児童虐待』〜家庭という強制収容所〜」「心の発達の仕方〜精神分析学からの知見〜」「不安定な心からの生還を探る〜トラウマの癒しを求めて〜」「児童虐待とその心的後遺症」「Psychology Link」

サイバー・キャップ・プロジェクト

宮崎県三股町にて発足のNPO(非営利団体)。目的及び活動の一つはCAPプログラムの普及をはかり、子どもへの虐待、いじめ、誘拐を防止すること。
「CAPとは(Child Assault Prevention 子どもへの暴行防止)という意味」「CAPプログラムは、子どもたちの人権意識を育てる事によって心を傷つける暴力、体を傷つける暴力、性的な暴力から身を守る方法を教えるプログラム」

Ribbon Project Japan

「リボンプロジェクトジャパンはHIV・AIDS関連及び
子ども買春・子どもポルノ根絶のボランティア活動NGO団体です。」